無料ブログはココログ

« 素敵なお部屋発見 | トップページ | 夏季休暇のお知らせ »

2011年7月30日 (土)

部署のリーダーとして

当社では、1年間の粗利数字を目標とし、会社理念は?と聞かれると全社員「ホスピタリティ日本一の建設屋」と答えます。私はすばらしいことだと思っています。

そんな素敵な社員をダメにするのは残念ながらリーダーです。

リーダーは、業績の拡大、勤怠管理、労務管理は義務です。

前職での話をしましょう。

私は、38名の部下を抱えるリーダーでした。

業績は今ひとつ伸び悩み。部下は夜遅くまで一生懸命働いているのに

何故?何故??、そんな時、別の営業所の先輩所長が、「おまえんとこの部下は

いつも○○公園前で、車停めて寝てるぞ!!」

私は、その場所に行ってみました。案の定看板車発見

しかし、その社員3名は、隣の営業所の社員だったのですが、隣の営業所も

毎晩遅くまで仕事しても私の営業所とビリを争う位置です。

1位を維持する営業所は、にぎやかな繁華街にある場所なので、私の

中では、地域性に恵まれた営業所なんだから当たり前だ!という言い訳が

ありました。しかしその営業所にベンチマーキング行って私の弱さに愕然としました。

社員は明るい。活気がある。帰宅はほとんど定時上がり。

先輩所長に聞いた。「このような繁華街にあって、仕事量もたくさんあるのに、何で

みんな定時で上がれるんですか?うちの社員はいつも遅くまでがんばっているんですが」

一括された

「おまえ、アホカ!、おまえが社員をだめにしているんだ、遅くまでやらせて、何のメリットがある、100%デメリットだ。遅くまでやらせて、帰宅も遅い、睡眠時間もない、次の日ボーとする、お客様にご迷惑となる。健康にも悪い、家族に申し訳ない。そんなことわかんないの?」

私はハンマーどころか、クレーン車の鉄球で殴られた感じしました。

次の日から、業務命令

定時で帰らせる手段として

「今日は、全員で飲み会やる。必ず5時までに帰ってこい」

38名中12名遅れると電話あった。

残りの人間で本当に飲みに行った。

次の日、「今日も飲み会やる、5時までに帰ってこい」

5名遅れた。残った社員で飲み会やった。

次の日、今日は回転寿司たべにいく「5時に帰ってこい」

遅刻者0名

次の日、部下から「今日はどこに行くんですか?」

「今日からは行かない、家庭のある人間は、家に帰れ、飲みに行く人間は行く人間だけで行け、でも俺も誘え」

そんな定時(5時30分)帰り(遅くても7時前)習慣をつづけたら

営業所が明るくなった、何でも相談してくれた、日中倍の仕事をこなすようになった。

3ケ月後、ついに業績トップとなった。

簡単なことに気づかなかった自分が情けなかった。今まで部下の一生懸命さに自己満足していただけだった。

リーダーが変わらなければ、部下はかわいそうなのである。

松下幸之助さんが言っている

「一人がめざめることによって、全体が感化され、その団体は立派なものに変わっていき、その成果も非常に偉大なものになると思います。」

« 素敵なお部屋発見 | トップページ | 夏季休暇のお知らせ »

コメント

昔の同僚の営業です。私は現在も営業ですが(誰だかわかると思いますが) 改めて認識させらる内容です。世の中の情勢の中で残業の禁止・定時退社を求められる中で いかに業績をあげていくかが
部門として・個人として必要なことだと考えさせられるものです。 小さなきっかけで大きな成果に結びついたことは すばらいことですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1306730/41012457

この記事へのトラックバック一覧です: 部署のリーダーとして:

« 素敵なお部屋発見 | トップページ | 夏季休暇のお知らせ »