無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の6件の記事

2010年7月31日 (土)

土地購入の注意

今日も暑かったですねー。

こんな暑い中、N様ご家族がご来店下さいました。lovely

本日はN様の期待に応えるべく、土地探しに行ってる最中

だったので、急いで帰社。前回同様N様ご家族に元気を

いただきました。さーガンバルゾーrun

というわけで

本日は土地の注意点flair

Cocolog_oekaki_2010_07_31_17_54 よくこんな土地がチラシで見かけます。

土地Aのことを「旗竿敷地」と呼ばれます。flag

この場合、接道の長さが2m未満の場合、

土地Aには家を建てられませんので、ご注意

将来親の土地を、子供で分ける場合

駐車場も考えて、接道の幅を決めてください。

駐車スペースの幅は、有効で2.5mが必要です。

Photo →一生住む家です。

 土地より家中心に考えてプラン作りしましょう。

2010年7月30日 (金)

うれしいお客様

久々のブログ更新となってしまいました

すみません。

先日、うれしいことがありました。happy01

私のお客様でN様という方がいらっしゃいますが

今までは、お父様と私とで土地を見に行ったり

ニ世帯住宅の話をしたりしてましたが、

先日、息子さんご夫婦と一緒に来店いただきました。lovely

息子さんも同居に賛成で、またその奥様も大変出来ている方で

お父様・お母様を大事に考えてくださってる奥様でした。scissors

ご家族の意思がまとまり、これからがスタートです。run

N様ご家族は、強い絆で結ばれた明るい家族です。

他人ながら、すごく嬉しくなりました。

みんなが、みんな、思いやりを持ったN様ご家族のようなら

日本という国は、住みやすい国になるんだろうなーと実感した次第です。

私もN様のご意向にそう土地を頑張って探します。

素敵なニ世帯住宅にしましょう。punch

P1000040 この家は、着工したてのめずらしい家です。

          簡単にいうと、ログハウスみたいな家ができます。

P1000042 →普通の家より柱がすご~く太いんです。

           田名で建設中。必見ですよ。

Photo →この本を読みました。と言って

           家を建てたいというお客様が来社されました。

           皆様是非お読み下さい。

2010年7月12日 (月)

ニ世帯住宅を造るためのリーダーシップ

wheelchairyenおじさんのささやかな幸せは、

週1回の末、又は休日、娘と温泉にいきspa

風呂上りにビールを飲むことです。beer

こもれびの森にある「ここち湯」に行ってます。

ここは、天然温泉ですし、サウナもあり、ゆったりと

疲れを癒せます。風呂上り、食事処で飲む生ビールは

こりゃ、たまりませんわ!!もちろん娘の運転です。rvcar

みなさんも、こんなささやかな幸せをお持ちだと思います。

子供達と同居していると様々な幸せ感じますよね。lovely

というわけで、二世帯住宅を造るには、ご家族、親族との

十分な話し合いが必要となるわけです。paper

まずは、ご長男がリーダーシップをとり、明るく、楽しく話し合いを

しましょう。good

はじめに

1 家族の思い出話

   ・幼いころのアルバムを見ながら、思い出話から始めて

    みましょうwine

2 自分(リーダー)の考えを伝える

   ・親への思い、兄弟への思いcoldsweats01

   ・現在の生活状況を含めた、二世帯住宅へ至話wink

ご両親

1 ニ世帯住宅への希望

  ・両親はニ世帯住宅を希望しているのかdelicious

  ・ニ世帯住宅で希望する生活スタイルhouse

  ・子世帯とのかかわりかたfoot

2 現在の生活状況

  ・趣味や暮らし方、生活費についてyen

  ・生きがいや楽しいことlovely

  ・困っていること、不便なことcute

3 将来心配なことや希望

  ・病気や介護についてpostoffice

  ・年金を含む生活費wheelchair

  ・子供への将来の希望sun

兄弟姉妹

1 両親んい対する思い

  ・両親の面倒や介護について、協力できる範囲

2 現在の生活状況

  ・結婚、出産、住まい、仕事penguin

3 将来の希望

  ・仕事への希望(独立したいなど)

4 子供の将来について

  ・子供の教育方針や学校についてclock

是非、リーダーシップで上記項目で話あっていただき

家族、親族がHappyな生活をおくりましょう。

Photo →この本で是非家づくりの参考にしてください。

2010年7月10日 (土)

二世帯で暮らす「プラス」

久しぶりに朝から夏らしい空になりました。

気持ちいいですね~。気持ちいいついでに

朝から、プチ嬉しいこと。

セブンイレブンで、買い物したらクジ引きで

宇治金時練乳アイス10本入りが当たり、早速朝から

本社早出メンバーで食しました。今日1日この調子でいいことありますように・・・

一般に相続の対象となる財産は、「不動産」「預貯金」

「株式」「有価証券」「年金」などのプラスの財産とローンや

損害賠償義務などのマイナスの財産があります。

しかし、多世代で暮らす住宅には、お金で買えないプラスが

あるんです。

①人脈を相続する

  ・両親からの事業の後継者としての引継ぎや

   新規事業を起こす場合などでも、ご両親が築きあげてきた

   人脈が大きな財産となります。

②知恵を相続する

  ・昔から伝わる知恵は現代社会で学ぶべきことがあります。

   例えば「もったいない」。昔の人は反物から着物を作り、

   次に羽織→オムツ→雑巾、といったような循環型エコ

   をすでに身につけてました。

   このように幼いころからモノを大切にする知恵を学ぶ

   ことができます。

③家紋を相続する

  ・大家族の時代は、仏壇があり、朝夕、ろうそくを灯し

   お線香をあげ、水お米などをお供えしたものです。

   核家族化により、先祖伝来の習慣も薄れてきたようです。

   せっかくニ世帯で暮らす以上は、先祖の宗教や家紋を

   通じて家族のルーツについて調べてみてはいかがですか?

このように、財産だけではない「プラス」の財産が引き継げます。

当社のニ世帯住宅「RC-プラス」に住んで

「プラス」の生活を楽しみましょう。

P1000022 →左右分離型

           上下分離型 両方ともプライバシー重視

P1000023 →共有型、親・子・孫が自由に触れ合う

まさに、循環型社会で、同居が再認識されてきています。

更に補助金制度活用や金利優遇、今がチャンスです。

増税もありますので、まさに今年が家購入のチャンス

又は、大規模改修のチャンス。みなさん、是非この機会に

当社「RC-プラス」でロングライフをお楽しみください。

Photo →一生すむ家です、土地にこだわるより、建築に

           こだわりましょう。という当社社長著

2010年7月 2日 (金)

引越しのインフラ終了

7月1日付けで、部署移動がありrun

本日で、引越しに伴う、電話移設、パソコン移設、各種設定

すべて終了いたしました。lovely

毎度のことながら、移動するたびに設定しないと

ならないのが、プリンターや、電話回線接続。mail

しかし、昔と違って、社内LANも無線化したため

移動のたびに配線しなおしたりしなくてもよくなって

大分業務効率向上しました。upwardright

いまだ電話は優先なので、配線は必要となりますが・・・

今回は、1棟(グリーンライフ棟)に集中したため、

無線のアクセスポイントと、スキャナーで苦労してしまいました。coldsweats02

なんとかみなさんの仕事にさほど支障をきたすことなく、

費用も最小限で抑え終了です。eye

Photo新築に引越したい方是非必読です。

2010年7月 1日 (木)

ニ世帯住宅のメリット

本日は、久々に暑さから開放されたって感じですね。

でもまだ梅雨は終わったわけではなく

じめじめ感が今後もつづくんでしょうね。

今回は5つの二世帯住宅メリットをご紹介しましょう。

①空間の合理化と演出

   ・ニ世帯同居の場合、キッチン、玄関、洗面所、階段

    等を共有すると、リビングや庭が広くとることができ

    空間の演出ができますよ。

②建築費の合理化

  ・完全分離化であっても、基礎工事、大工工事、屋根工事

   で2世帯作るより建築費が削減でき、その分照明や、

   インテリアにお金がかけられます。

③ランニングコストの合理化

  ・完全共有型・一部共有型では、電気・ガス・水道・電話

   等一世帯の契約で節約できます。

④自治体によって助成金が出ます。

   ・各自治体によってはニ世帯住宅にすると補助金が

    あります。

⑤固定資産税の優遇

  ・一定の床面積などの要件を満たしていれば

  120㎡までの居住部分に相当する固定資産税

  が2分の1になります。

さまざまな利点がありますので、是非ニ世帯住宅ご検討下さい。

Photo ⇒親が土地をもっていらっしゃると

           建物にお金がかけられます。

          この本は、土地を探していらっしゃる方

          必読です。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »